内藤とうがらしプロジェクトの最終目標はなにか? 前編  (新宿区・内藤とうがらしプロジェクト)

内藤とうがらしプロジェクトの最終目標はなにか? 前編  (新宿区・内藤とうがらしプロジェクト)

 一日350万人が利用する世界最大の駅、新宿駅。その目の前で、伝統野菜を使った地域活性化プロジェクトが行われています。その名も「内藤とうがらしプロジェクト」。内藤とうがらしとは、実が天に向かってまっすぐと実る「八房系」のとうがらしであり、香りがよいため実だけではなく葉や茎、根に至るまで楽しめます。江戸時代中期には、その名の由来となった内藤町(現在の都立新宿高等学校や新宿御苑を中心とした地域)をはじめ新宿一帯で栽培され、収穫時期となる秋には野を真っ赤に染めたと言われています。

 明治以降の都市化に伴って一度は消滅した内藤とうがらしが、いま新たに新宿の地域活性化の中心的な存在となっています。とうがらしの奥深い魅力によって、大都会・新宿の影でひっそりと暮らしてきた34万人の人々に光を当てていく。agri.TOKYO編集部では、そんな内藤とうがらしプロジェクトでリーダーを務める成田重行氏を直撃取材しました。全3回にわたってその秘密に迫ります!

伝統野菜「内藤とうがらし」。まっすぐと伸びる実が特徴だ。

新宿の街を彩るとうがらし
~内藤とうがらしプロジェクトとはなにか~

 内藤とうがらしプロジェクトは、新宿の街の地域づくりを行っているプロジェクトです。その取り組みは、成田氏が新宿の歴史を調べるなかで、新宿が「内藤とうがらし」の一大産地であったことを紐解いたことから始まりました。しかし、内藤とうがらしは明治初期にはすでに消滅していました。そこで、全国のとうがらしを1年がかりで調べ、発見した7粒の種から品種を復活させたといいます。内藤とうがらしは現在、伝統野菜「江戸東京野菜」に登録され、東京都内の10軒の農家で契約栽培されています。

 内藤とうがらしプロジェクトの取り組みは、とうがらしの栽培だけには留まらず、多岐にわたっています。粉にする・商品化するなどの加工品開発・製造や、新宿区内の学校と連携した食育の取り組み、毎年秋に開催されている「新宿内藤とうがらしフェア」などが挙げられます。これらの取り組みは、プロジェクトの事務局側だけで実施されているのではなく、地域の様々なステークホルダーがそれぞれの希望に応じて協力の輪を広げ、自発的に行っていることが特徴です。

昨年秋に伊勢丹新宿店で開催された新宿内藤とうがらしフェアの様子。新宿区内の小学校に通う内藤とうがらしキッズによる七味口上実演など、会場は多くの人で賑わった。

大都会の影で暮らす40万人
~新宿という街の課題はなにか~

 「新宿」という街の名を口にした時、思い浮かべるのはどのようなイメージでしょうか。世界最大の乗降客数を誇る新宿駅、空に向かってそびえ立つ沢山の高層ビル、昼も夜も多くの人でごった返す商業施設の数々・・・まさに世界で1,2をあらそうような大都会の光景ではないでしょうか。この景色は様々な媒体を通じて日本だけでなく世界が知るところとなっています。この一方で、新宿の街はネガティブなイメージもはらんでいます。例えば、「東洋一の歓楽街」として知られる歌舞伎町は、昼も夜も多くの人で賑わう反面、治安の悪さや殺人事件をも想起させます。

世界最大の乗降客数を誇る新宿駅。

 しかし、このような良くも悪くも派手やかな街のイメージとはうらはらに、その喧騒のさなかで22万世帯34万人の住民が住んでいる[i]ことも、新宿という街の大きな特徴です。日本の多くの地域と同様、新宿区でも高齢者の数が年々増加しており、65歳以上の人口は6万7千人(人口の19.4%)となっています。中には、一人暮らしをする独居老人や、買い物難民となっている人々も含まれています。一方で子どもの数も3万1千人(同9.0%)を超えているものの、徐々に少子化が進んでおり、小学校の統廃合も始まっています。また、新宿区は東京都内でも外国人人口が突出して多い自治体であり[ii]、その数は4万2千人(同12.2%)に及んでいます。

 これまで、新宿に住む34万人の人々は、その発展から取り残され、影に隠れるようにして生活してきました。成田氏によれば、生活の場としての新宿には、次の3つの社会課題があるといいます。第一に、新宿に住む人々が自分の街に誇りを持つことができないことです。第二に、繁華街によって分断されているために、同じ街に住む生活者同士で交流を持つことや、生活する者としての営みを持つことが非常に難しいということです。第三に、新宿には外国人を始めとした多様な人々が生活しており、たとえ近くに住んでいたとしても、他のバックグラウンドを持つ住人との交流が殆ど行われてこなかったことです。

 このような新宿の街の社会課題に対して、内藤とうがらしプロジェクトでは、江戸東京野菜「内藤とうがらし」をテーマとして向き合っています。同プロジェクトでは、新宿という街を世界的な大都会としてではなく、地元の人々が生活するローカルな地域として捉えています。そして、街の発展から置き去りにされてきた、そこに住む生活者に光を当てていきたいと考えています。奥深い魅力をもつ内藤とうがらしの力を借りて、彼ら一人ひとりの意識を変え、新宿の街を変え、世界に新宿という街の新たなイメージを発信していこうとしているのです。

 次回の中編では、どのように新宿の街を変えようとしているのか、なぜとうがらしを選んだのかという謎に迫ります。お楽しみに!!



[i] https://www.city.shinjuku.lg.jp/kusei/index02_101.html
[ii] https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00398[

内藤とうがらしプロジェクト プロフィール

公式ホームページ:https://naito-togarashi.tokyo
公式Facebook:https://www.facebook.com/togarashinet/?m2w