赤坂見附から東京農業を発信。東京農業の新拠点「東京農村」インタビュー・前編(港区赤坂・東京農村)

赤坂見附から東京農業を発信。東京農業の新拠点「東京農村」インタビュー・前編(港区赤坂・東京農村)

 赤坂見附駅から徒歩2分。多くの人で賑わう繁華街の真ん中に、「東京の農業」を味わって、知って、繋がれる拠点があることをご存知でしょうか。その名も「東京農村」。東京農村は、一般社団法人M.U.R.A.が運営する、東京都港区赤坂にある5階建てのビルです。ここでは東京の食材を使った料理が楽しめるほか、東京の農・食に関する幅広い情報に触れることもでき、この分野で活躍する熱い皆さんと繋がりをつくることができます。

 東京農村は2018年6月に開業しました。1階から3階は東京の食材を使った飲食店(東京野菜キッチンSCOP・酒肴ほたる・nomuno)、4階には東京の食・農ベンチャーが集うシェアオフィス「Root office」、そして5階にはシェアキッチン「Root kitchen」と室内菜園が設置されています。

「東京農村」は5階建て。「SCOP」の赤と白のテントが目印です。
1階から3階にこだわりの飲食店が、4階・5階にシェアキッチン・シェアオフィスがあります。
1階の「東京野菜キッチンSCOP」は(株)エマリコくにたちの直営店舗。東京の旬の地野菜を使ったメニューが自慢です。

 東京農村の設立のきっかけは、2016年の冬、国分寺市でイチゴやウドの栽培を行っている国分寺中村農園の中村克之さんからの提案でした。国分寺中村農園は道路建設により農園の縮小を余儀なくされ、その代替地として赤坂の土地を取得しました。中村さんはこの土地を、農家の連携により東京農業の新たな発信拠点としたいと考え、国立市で「しゅんかしゅんか」などの直売所を経営する株式会社エマリコくにたちの菱沼勇介さんに話を持ちかけたそうです。

 今回は、この「東京農村」の立ち上げに関わった、一般社団法人M.U.R.A.代表理事・農業デザイナーの南部良太さん、株式会社エマリコくにたちの菱沼勇介さん、コーディネーターの鈴木幹雄さんの3名にお話を伺ってきました。前編では、南部さんと菱沼さんの東京農村にかける想いをお伝えします!

後編はこちらから!
赤坂見附から東京農業を発信。東京農業の新拠点「東京農村」インタビュー・後編(港区赤坂・東京農村)

南部良太さん(一般社団法人M.U.R.A.代表理事・農業デザイナー)


 南部さんは、農業デザイナーとして、国分寺エリアを中心に精力的に活動されています。6年前に国分寺に引っ越してきたとき周りにあった農園に感動し、仕事であるデザインを通じ関わりたいと思うようになったそう。そんなとき参加したのが、国分寺中村農園の中村さんが主催する収穫体験でした。南部さんはその場でロゴ・パッケージデザインをしたいと売り込み、そのことをきっかけに、「農業デザイナー」という肩書で、農に関わる様々なデザインを手がけるようになりました。

 転機となったのは、国分寺野菜「こくベジ」の立ち上げで国分寺市役所から声をかけられたことでした。アートディレクターとしてデザインの仕事を担うだけでなく、野菜の集荷・配達も自ら担い、最初は2~3軒の農家から野菜を集め、10軒程度の飲食店に運んだそうです。現在では農家数は30~40軒、飲食店数は100店舗を数え、都内でも珍しい地産地食の取り組みが地域に根付きつつあります。

 南部さんは、こくベジの取り組みを通じて地域の飲食店の方々の変化を感じています。これまで地元に畑があることを知らなかったお店の方々が、近い場所に畑があることに気づき、そこから農家さんとの新たな関わりができるようになってきているのです。南部さんは、このように、農業を一つの手段として、地域の人と人とを繋げていきたいと考えています。今後も、地元の人たちを巻き込んで、一過性でなく継続性のあるものにしていきたいといいます。

 東京農村ではデザイナーという立場を活かしてディレクションを担当しています。2019年4月からは一般社団法人M.U.R.A.の代表理事に就任し、5月1日には農業生産者や飲食店、料理研究家など様々な会員同士のマッチングを重視した東京農業を都心で発信していく会員組織「東京農村クラブ」を設立しました。

 東京農村のビジュアルや名称も、南部さんが作ったものです。ロゴは、農村を想起させるわらぶき屋根とひっくり返した器がモチーフ。「農と食を結ぶ場所」というキービジュアルです。タイポグラフィーは、柔らかさと力強さを表現しました。南部さんがイメージを担当した東京農村のイラストは、赤坂見附の街を背景に東京農村ビルを描いています。赤坂見附という建物・文化・お祭りに歴史の長い地域で、昔の人達と今の人達が農に関わりながら生きていくことをイメージしています。このイラストには、日本や東京の農業をここから発信していこうという意気込みが詰まっています。

南部さんがイメージを担当し、イラストレーターの方が作成した東京農村のイラスト。(東京農村ホームページより)

菱沼勇介さん(株式会社エマリコくにたち代表取締役)

 菱沼さんは、国立市・国分寺市・立川市を中心としたエリアで東京野菜を流通・販売するベンチャー、株式会社エマリコくにたちを経営しています。大学時代にまちづくりに関わった経験から、東京の「まちなか農業」に興味を持ち、2011年にエマリコくにたちを創業、国立駅前に直売所「しゅんかしゅんか」をオープン。以来、同社では毎朝100軒あまりの農家さんから野菜を自社便で直接集荷して販売しています。

 中村さんの想いを受けて東京農村の運営を担うことになった菱沼さん。創業前の会社員時代には、「建物」に関する仕事がしたいと不動産関係の会社に勤めたものの、配属は経理部門でした。今回、東京農村の取り組みで初めて実際に建物に関わることができ、大きなモチベーションになっているそうです。

 菱沼さんはなぜ「東京の」農業が大切だと考えているのでしょうか。昨今、学問的には、都市の農地が新鮮な生鮮物の供給や景観維持・防災などの「多面的機能」という価値をもっていると指摘されることが増えてきました。しかし、菱沼さんが着目しているのはこれとは少し異なる2つの観点です。

 第一に、都市の農地を農地として残すことができれば、過剰な住宅供給を抑制し、地域のゴーストタウン化を防ぐことができるかもしれないという点です。高度成長期以来、東京では郊外の農地や樹林地を転用して宅地化が進められてきました。現在でも、新築を好む人が依然として多いこともあって、この流れは止まりそうにありません。しかし近年は人口が頭打ちとなり、東京都内でも多摩地域を中心に空き家問題が深刻化しつつあります(※)。そこでこれまでの流れを断ち切り、農地を農地として残し活用していくことができないでしょうか。それができれば、過剰な住宅供給を抑え地域のゴーストタウン化を防ぐことができると、菱沼さんは考えています。

 第二に、媒介として「食」のもつ可能性です。学生時代に商店街活性化の活動に取り組んでいた菱沼さんは、当時の経験から、街の中の「食」が人と人とを繋ぐと考えています。近年、六次産業化や加工品開発の流れのもとで、農業者と加工業者・飲食店等が繋がって新たな商品をつくる取り組みが多くの地域で行われています。このような取り組みは、その収益や経済的な効果は必ずしも大きいとは言えません。しかしながら菱沼さんは、たとえ収益的に成功しなくても、長期的には大きな価値を持ち得ると考えています。同じ地域に暮らす幅広い立場の人が繋がりをもつことが、地域のまちづくりにとっては欠かせないからです。

 (※)多摩地域の空き家率は10.8%(2013年)となっており、全国平均の13.5%に比べると低い値となっています。しかし、多摩地域では深刻な高齢化が見込まれており、予測では2033年には28.8%が空き家となると予想されています。
参考:多摩信用金庫(2017)「多摩けいざい No.79」

後編では、鈴木さんの想いと、東京農村の目指しているものをお伝えします。あわせてご覧ください!
赤坂見附から東京農業を発信。東京農業の新拠点「東京農村」インタビュー・後編(港区赤坂・東京農村)

東京農村プロフィール

東京農村
住所:東京都港区赤坂3-19-1
メールアドレス:akasaka@emalico.com
公式HP:http://tokyo-noson.com
アクセス:東京メトロ銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅10番出口より徒歩2分

4F Root Office / 5F Root Kitchen
スペースの利用やお問い合わせは一般社団法人M.U.R.A.まで。
電話:03-5797-7625
メールアドレス:ok.rootroot@gmail.com
公式HP:http://rootroot.jp